3月~5月は1年で最も海が安定するシーズンです。2019年GWご予約受付中!

サムイ島旅行情報

サムイ島~ココナッツの島

サムイ島はタイ湾に浮かぶ、タイ国内では3番目に大きな島です。

1980年頃までは、漁業とココナッツやランプータン等のフルーツ果樹園が主な産業でした。(産業という程ではないですが・・・。)

サムイ島はヨーロッパの人々を中心に、お隣のパンガン島と共にバックパッカーの"秘島""聖地"などと呼ばれる、隠れ家的島でした。

日本サムイ距離

1990年代から政府の観光開発が本格化し、バンコクからの直行便や本土からのフェリーが整備されて以来、 高級リゾートの建設が進み、今ではプーケットと並んで、タイを代表するリゾート地へと成長を遂げた島です。

世界各地から多くの観光客が訪れていますが、その8割以上がヨーロッパや欧米からの旅行者。

街中や、ホテルで見かけるのも、ほとんどは欧米の旅行者です。


サムイ島とプーケット

サムイ島を訪れる観光客は年間約100万人、そのうち日本人観光客の数は年間3万人程度

ハワイやグアムに訪れる日本人観光客が100万人以上であることを考えると、約40分1程度の規模

サムイ島で最も賑わうチャウエンビーチを歩いていても、あまり日本人を見かけることはありません。

サムイ島衛星写真

サムイ島の大きさは南北約20キロ、東西18キロ、面積350K㎡

細かな海岸線を無視すれば、概ね四角い形をしている。

東岸と、東寄りの北岸に、チャウエンビーチ、ボプットビーチ、ラマイビーチ等の宿泊施設が多く主要なビーチが集中している。

サムイ島空港は、北東部に伸びる半島の付け根当たり、チャウエンビーチからは所要時間15分。

空港からほとんどのエリアには車を利用して30分以内で着く。最も遠いサムイ島西岸へは、空港から45分。

ショップ情報

Eメールinfo@houbou-ya.com

携帯:081-979-0251(日本語)
FAX:077-332-084

営業時間:9:00-18:30

お問合せフォーム

ほうぼう屋について

1997年オープンの日系ダイビングショップ。2018年現在、サムイ島、プーケット島、タオ島、シミラン諸島の4拠点で営業する、日系最大のネットワークを持つショップです。