ほうぼう屋サムイ島店フェイスブック
サムイ島ガイド TOPへ

サムイ島の気候

タイの一般的な気候とは異なるサムイ島の気候

バンコク、プーケットチェンマイなど主要な観光都市は、季節風の影響で一般的に11月〜4月が乾期で観光には適したシーズンですが、マレー半島の内側にあるサムイ島は、ほぼこれと逆になります。具体的には3月〜10月いっぱいが、ベストシーズンといえます。 ちょうど日本の太平洋側と日本海側の気候の違いとにています。
しかしながら、乾期にも突発的な低気圧や台風によって雨が降ったり、ここ数年の異常気象により、雨期に快晴が続いたりすることもありますので、近況については天気予報を参照いただくか、ほうぼう屋スタッフにお尋ねください。

サムイ島の季節一覧表
>>  毎日更新・サムイ島天気ブログ
サムイ島季節

【サムイ島の日差しについて】

サムイ島の太陽光線は強力です。南国のフルーツはろくに手入れをしなくても、太陽パワーだけでおいしく育ってしまうほど、晴れた日の日差しは強烈。

晴れた日の午前11時〜午後2時位いまでは、気温が上がりとても暑くなります。日中、外に買い物に出かけたりするととても暑いので、買い物は 午後4時以降がお勧めです。地元の人もチャウエンビーチ通りに買い物に行くのは、午後4時以降。日中のチャウエンビーチ通りは、閉まっている店も 多く、気温が涼しくなってから開く店も多い。

サムイ島季節日中はビーチで遊んだり、ツアーに出かけたりして、買い物は夕方するのが快適。 何も塗らずにビーチで日焼けなどしていると、あっという間に真っ赤っかです。暑い時期に来られる方は特に、 日焼け止め、サンオイル、帽子などの日除けグッズは必ず用意しましょう。日焼け止めはサムイ島で購入できます。

【サムイ島のスコールについて】

1月〜2月、7月〜10月の中間期には、朝方と夕方に日常的にスコールが降ります。 短いものは10分から15分、長いものでも約1時間と時間的には短いですが、まとまった量が降ります。暑い時期にはこのスコールのおかげで気温が下がり、過ごしやすくなります。

雨に当たってもすぐ乾くため、雨具を持ち歩く人はいませんが、着替えのTシャツなどを携帯していると便利です。

運悪くスコールに当たったらレストランで休憩したり、買い物をしながら行過ぎるのを待つと良いでしょう。

【サムイ島の雨季について】

雨季の熱帯雨林サムイ島の本格的な雨季は、11月〜12月半ばくらいまでです。この時期には東からの季節風の影響で、若干風が強くなり、激しい雨の降る日もあります。
この時期にサムイ島に来て、雨の日に当たったら、サムイ島の山側は緑が濃い熱帯雨林のジャングルです。雨季になると緑がとっても美しくなります。

スパ施設は雨の日が良く似合います。心地よい熱帯雨林の 雨に打たれながら、ハーブサウナに入り、マッサージを楽しむのは最高の時間です。

>>お勧めは山側のスパ施設=タマリンドリトリート
雨季の熱帯雨林