ほうぼう屋サムイ島店フェイスブック
サムイ島ガイド TOPへ

日程の短い人は、如何に効率よく移動するかが決め手

  • □ サムイ島の主な交通手段は交渉制
  • □ タクシーの数は多い。朝から晩まで拾える
  • □ 乗り合いバス(ソンテウ)利用には、土地勘が必要な場合も
  • □ 手軽に利用できるバイクタクシー、利用方法と注意点
  • □ 運転に自信があれば、レンタカーやレンタルバイクを利用

【サムイ島の主な交通手段は交渉制】

サムイ島にはタクシー、ミニバス、乗り合いバス(ソンテウ)、バイクタクシー 等の移動手段がある。これら全ては基本的に交渉制。

特にタクシーは屋根に"TAXI METER"と 書かれたタクシー灯が設置されているが、島の特殊な事情があって、現在のところ メーターを使って運行するタクシーは1台もない。(メーターを使って運行すると、タクシーの 運転手がトラブルになる)サムイ島に限らず、タイのリゾート地は同じような状態にある。

初めから島の交通機関は全て交渉制だと理解しておこう。

【タクシーの数は多い!!朝から晩まで簡単に拾える】

サムイ島の主要ビーチの出入り口付近や、繁華街、大型スーパー、観光の要所、交通の要所では、 朝から晩まで、比較的簡単にタクシーを拾うことができる。サムイ島のタクシーは、ほぼ全ての 車体が上部黄色と下部エンジ色のツートンカラー

タクシーは全て交渉制でメーターを使うことは 無い。サムイ島は欧米人の旅行者が多い。欧米人は値段を交渉する際に必ず値引き交渉をするので、 日本人の旅行者が値段をたずねる時も、タクシードライバーは値引きされることを前提に料金を 提示してくる場合がほとんどなので、タクシーに乗る際は料金の値引き交渉をするべきだろう。 >>続きを読む

【乗り合いバス(ソンテウ)利用には、土地勘が必要な場合も】

日本製ピックアップトラックの荷台に屋根と座席をつけた乗り物がソンテウ。似たような形の 車を使ったサービスはタイ庶民の足で、タイ各地で見ることができる。サムイ島のソンテウは 赤色。トヨタやいすゞのトラックを改造したものがほとんど。ソンテウやタクシーに比べると 料金も安いのだが、乗り合いのソンテウが走るルートは、土地勘の無い旅行者にはわかりづらく、 ほとんどの場合は細かく行く先や目的地をリクエストすることが難しいので(キチッと英語の 伝わるドライバーは少ない。)、土地勘の無い人が利用すると、降りる場所がわからなかったり、 反対の方向へ行ってしまったりして、時間を浪費してしまう事も少なくない。不安な人は タクシーを利用するのが無難。 >>続きを読む

【手軽に利用できるバイクタクシー、利用方法と注意点】

運転手がバイクの後ろにお客さんを乗せ、二人乗りで目的地に連れて行ってくれるサービス。 日本では有り得ないサービスですが、タイでは一般的。特に渋滞の多いバンコクでは無くては なら無いサービス。サムイ島ではタクシーと同様に、簡単に拾うことができる。バイクタクシーで 使用されるバイクは、何の変哲も無い普通のバイク。目印は運転手が着用する、色付きのベスト。 オレンジや黄色、緑など、派手な色のベストを着用している。値段は交渉制だが、タクシーよりも 安い。信号が少なく、渋滞の無いサムイ島では、バンコクほどの利用価値は無いが、手軽さと 割安感は魅力。ただし、バイクは事故が怖い。 >>続きを読む

【運転に自信があれば、レンタカーやレンタルバイクを利用】

サムイ島には日本のバスやタクシーのような、誰にでも使いやすい、 ハッキリと料金が明示された、交通機関が存在しない。 1周約65キロメートル(周回道路4169号線の総延長距離)のサムイ島を楽しむには、 買い物や食事や観光等で島内を効率的に移動する必要があります。 当サイトでは、タクシーやソンテウ、バイクタクシーの利用方法を紹介しておりますが、 金額的にも時間の効率的にも、運転に自信があるのであれば、車やバイクをレンタルするが最良の方法になります。 >>続きを読む