Scroll To Top
ダイビングショップほうぼう屋サムイ島店

事前の準備 〜 インストラクター試験に合格する為に。

▽ IDC中に毎日出される課題

IDC準備コースと、PADI IDCインストラクターコース中は、毎日AM08:00〜PM18:00過ぎまで講習が行われます。
更にほぼ毎日、翌日までに仕上げなければならない課題が出されます。講習後も、学科、限定水域、 海洋実習プレゼンテーションの課題を準備しなければなりません。候補生によっては、毎日夜遅くまで 準備しなければならない日が多くなるのも、珍しくありません。

▽ 予習課題 [ダイビング理論−物理・生理・RDP・器材・スキルと環境]

[復習の重要性]

IE(インストラクター試験)で、 候補生はダイブマスターコース時に習得した、ダイビング理論5科目のテストを受講します。
PADI IDCは、コースに参加する候補生は、これら基本ダイビング理論5科目に関して、 十分な知識を備えていることを前提にしておりますので、インストラクターコース参加前に、 十分復習して準備を整えておくことが大切です。
これらダイビング理論5科目を十分に理解するには、ある程度の時間が必要です。先にも説明し たように、IDC中は様々な課題が与えられますので、IDCコース中に、これらダイビング理論5科目 の勉強をする時間を取るのは、時間的に多少無理があります。
IDC受講をスムーズに進める為、また毎日の講習後の自由時間を課題の準備に当 てる為、更にインストラクター試験に確実に合格するためにも、予めダイビング理論5科目 を復習して来ることがとても大切です。

[5科目の復習方法]

ダイブマスター講習時に使用した、エンサイクロペディア(ダイビング百科事典)をよく読んで、 対応している問題集『ノリッジワークブック』の各問題を解いてください。
更に、インストラクターコースのご予約をいただきますと、候補生の方には、E-メールで練習問題を送らせて 頂きますので、その問題を解いていただくことで、ダイビング理論5科目の復習、自習を行う事ができます。

▽ ダイビングスキル

経験本数の少ない方や、ブランクの空いている方は、インストラクターコース参加前に、ダイビングツアーに参加して、水慣れをしておくとよいでしょう。
もし可能であれば、インストラクターコース参加前に、 ダイビング基礎スキルのデモンストレーションの練習ができると良いのですが、 時間的に無理な場合は、必須ではありません。

持ち物

▼  日本で準備する書類等

  • ダイビング器材と教材
  • 全てのダイビングライセンスカード
  • 計算機
  • 病歴診断書(PADI書式・日本語/英語共に使用可/現地取得可能)
  • ライセンス申請用写真3枚(カラー・パスポートサイズ)
  • クレジットカード(PADI・試験料等の支払い用)
(C)HOBOYA
日系最大ダイビングショップ お問合わせフォーム サムイ島天気情報 サムイ島店スタッフ募集 ダイブマスター募集 サムイ島店facebook ダイビングインストラクターコース お問合せはこちら レストラン小堀